« 余命2017/01/17アラカルト③ | トップページ | 余命2017/01/18アラカルト »

2017年1月19日 (木)

余命2017/01/17アラカルト④

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/18/1488-2017117%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a3/


引用




.....前回、2chの件でふれたが日本国民の権利行使を妨害する行為は犯罪である。
これにつきる。前回の朝日新聞訴訟は代理弁護士による民事損害賠償事案であった。
今回は刑事告発事案である。これは殺人事件のように検察が起訴するもので、告発人が裁判に出たり、告発者の個人情報が開示されることはない。告発人は公訴を促す存在にすぎない。
 やくざや暴力団犯罪事案は別にして、こういう関係の個人情報のさらし行為は、出所が明らかであることや、ばれると被告発人にとって決定的に不利になることからまずあり得ない。もちろん現行犯逮捕である。過去の告発事案では鳩うち猟3000人告発でもそのようなことはなかった。
 しばき隊の一員である新潟日報上越支社の報道部長(坂本秀樹)が、高島章を脅迫し誹謗中傷した事件や関連の恫喝事件とは根本的に違うものだ。まあ、気になるなら何もしないことである。戦後70年にわたる無法蚕食を繰り返してきた勢力と敵対しているのである。100%安全な戦いなどありえない。





.....安倍シナリオの公明党切りと在日や反日勢力処理の終盤のあぶり出し踏み絵だからな。安倍総理としては共謀罪は餌であり、本音は外患罪で一括処理だろう。
 反日政党の幹部、共産党志位、小池、民進党蓮舫、管、野田、鳩山、公明党山口、社民党福島等を共謀罪で死刑にするのは大変だが外患誘致なら売国奴処理できるので有罪→死刑で簡単である。擁護する者、これまた同罪で究極の便利ツールなのだ。







.....米国人=中国系米国人だね。もうみえみえ。しかし1年前とはすべてが様変わりしているよね。1年前だったらこうはいかなかったろう。(大笑い)







.....誰が考えても日韓有事対策訓練だな。







.....日韓双方、国交断絶へまっしぐらという感じだね。冷たい言い方だが、戦後の精算をするには、紛争とか戦争が一番いい機会である。韓国はほぼ100%反日、憎悪の塊となっている。日本も約80%が安倍内閣支持となっている。大変結構な状況である。
 韓国というよりは朝鮮民族は戦後だけを見ても、国民の虐殺を繰り返してきた。地勢的な中国の属国としての被征服の歴史は強者には土下座ひれ伏し、弱者には奴隷的対応を繰り返してきたのである。これはすでに遺伝子として刻み込まれていると言ってもいいだろう。常に人や国家を騙し、自分たちの蛮行は隠蔽し、被害者のふりをして相手を貶めるというスタイルは、まさに日本の現状である。
 わらが敷き詰められ、十分油もまかれている。マッチ一本火事のもと。
 「もちろん火の用心」はお忘れなく!!!



引用以上


行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也さんのブログhttps://samurai20.jp/2017/01/kolie-33/でも「従軍慰安婦像」が礫死体像を流用したものだという話をしています。

« 余命2017/01/17アラカルト③ | トップページ | 余命2017/01/18アラカルト »

マスコミ」カテゴリの記事

中華人民共和国」カテゴリの記事

在日」カテゴリの記事

大韓民国」カテゴリの記事

拡散希望」カテゴリの記事

政治家」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

日本国内」カテゴリの記事

朝鮮民主主義人民共和国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2312143/69303209

この記事へのトラックバック一覧です: 余命2017/01/17アラカルト④:

« 余命2017/01/17アラカルト③ | トップページ | 余命2017/01/18アラカルト »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ