« 三角忠て誰? | トップページ | 週刊金曜日正論! »

2017年1月18日 (水)

リテラ正論!

リテラさんのブログです

http://lite-ra.com/2017/01/post-2830.html



引用


答えは実に簡単なのだ。野党の中心を担う民進党が政権交代時の原点に立ち返り、政府のお金を国民のために使う政策を打ち出すだけでいいのである。財源についても、「足りなければ刷ればいい」というのが松尾氏の主張だ。それが世界の潮流であると、実例をあげつつ説いている。ヨーロッパでは、コービン英労働党党首が掲げる「人民の量的緩和」をはじめ、EUの共産党や左翼党の連合である欧州左翼党、スペインのポデモス、欧州の労働組合の連合である欧州労連などが、中央銀行が財政を直接支えることを主張し、ノーベル賞経済学者のスティグリッツ氏やクルーグマン氏らもコービン支持を表明しているという。







 ところが、民進党の向いている方向はまったく逆だ。野田幹事長にいたっては、国民がこれだけ不景気と生活苦にあえいでいるというのに、消費税10%への引き上げを再延期する自民党の方針を批判し、いまだ「財政健全化」という名の財政緊縮を主張するというトンチンカンぶりだ。

 これではいつまでたっても、安倍自民党に勝てるわけがない。緊縮財政などという財務省の言いなり路線はとっとと捨てて、庶民のためにお金を再配分せよ。それしか、自民党政権を倒す方法はない。
(野尻民夫)




引用以上



リテラさんもたまには正論を言いますね。民進党がするわけはないですが。笑。安倍首相の経済政策は財務省の言いなりですから。アベノミクスの三本の矢も最初に言っていたものから変質してきましたし。財政再建などという嘘をいつまでも続けてはいけません。

« 三角忠て誰? | トップページ | 週刊金曜日正論! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

政治家」カテゴリの記事

日本国内」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

拡散希望」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リテラ正論!:

« 三角忠て誰? | トップページ | 週刊金曜日正論! »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ