« ウィキペディアから消された開戦の詔勅 | トップページ | 再開!余命三年時事日記 »

2018年12月13日 (木)

真珠湾はアメリカ本土ではなかった

真珠湾はアメリカ本土ではなかった


#歴史#拡散希望#海外


1941年当時、ハワイはまだアメリカの州ではありませんでした。

ウィキペディアより

引用


1795年:カメハメハ1世(大王)が白人たちが持ち込んだ銃器を利用し、3つの王国が分立していたハワイ諸島を統一、ハワイ王国を建国する。






1840年:憲法公布をして立憲君主制となる。
1843年:イギリスがハワイの領有を宣言。
1849年:フランスがハワイの領有を宣言。ハワイを巡る列強の抗争は激しくなる。






1894年7月4日:アメリカによる併合に時間が掛かると判断した臨時政府は、新憲法を発布しハワイ共和国を宣言した。大統領はサンフォード・ドール。彼は最初で最後の、ハワイ共和国大統領となった。




▪️1898年8月12日:米西戦争でハワイの地政学的重要性を認識したアメリカ合衆国は、ハワイ共和国を併合、米自治領ハワイ準州(Territory of Hawaii)となる。







1941年12月7日(日本時間12月8日):に、大日本帝国海軍による真珠湾攻撃が行われ、アメリカと日本との間で開戦した。
開戦後間もなくアメリカ全土に住む日系アメリカ人と日本人は強制収容所に収容されたが、ハワイに住む日系アメリカ人および日本人は、日本人会会長や僧侶など、日系人社会を代表する一部の人々を除き強制収容所に収容されなかった。しかしこのとき計画的に日系人アメリカ化工作がすすめられた。




1959年8月21日:アメリカ50番目の州に昇格し、本格的なリゾート開発が始まる。


引用以上

真珠湾攻撃当時ハワイはアメリカではなかったのです。言わば今の信託統治領の様な存在であったわけです。日本が攻撃したのは、アメリカ軍基地だけです。民間には攻撃していません。「宣戦布告が無かった」と米国大統領は非難しましたが、正々堂々と宣戦布告した戦争が過去どれほどあったと言うのでしょうか?アメリカ自身、戦争を起こした時に、相手に対して宣戦布告したことがあったでしょうか?(外務省の無能さを肯定するつもりは有りませんけれどもね。)

« ウィキペディアから消された開戦の詔勅 | トップページ | 再開!余命三年時事日記 »

政治家」カテゴリの記事

日本国内」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

拡散希望」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾はアメリカ本土ではなかった:

« ウィキペディアから消された開戦の詔勅 | トップページ | 再開!余命三年時事日記 »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ